台湾で働きたい!そんな夢を叶えるためのナビをしています!

台湾現地企業への就職、台湾へ進出してる日系企業への転職など

台湾で就職する可能性

日本人が台湾で就職することを考えた場合、可能性が高いのは日本語教師、日本食レストラン、貿易関係の事務職や営業職が挙げられます。他にも日本人向けのサービス業もあります。しかし台湾も他国と同様で、就労ビザ取得の難しさがあります。外国人の雇用枠が制限されているためスポンサーになってくれる企業は少ないのが現状です。また現地台湾人も日本語ができる人が増えているのであえて日本人を雇う必要性がない場合もあります。

台湾就職のまえに、台湾駐在員をめざす

最も可能性が高いのが日本語教師なわけですが大卒以上という条件があり、また雇用条件も厳しく合法的に働けるのは月に数件の求人が出てるかという程度です。そこで提案したいのが、台湾で就職する道を探りつつ、台湾に進出してる日系企業の求人を探す方法が近道となります。

日本企業の台湾への投資が増加しており、総合商社や貿易商社は当然ながら主にハイテク・IT産業ではSONY、NEC、楽天、NTTコミュなど。他にもトヨタ、日産が現地法人を作っています。台湾の国策として海外からの先端技術を誘致する方針があり、台湾はコンピュータ・IC関連においては世界の中心になっています。半導体メーカーでは堀場製作所、宇部興産、日立ハイテクなどが台湾に法人があります。

また中国投資、中国の安い労働力への足がかりとして台湾という地域が地理的にも有利な点が挙げられ、台湾へ進出する日本企業は増えていく事でしょう。そんな台湾への駐在・赴任向けの人材を募集している企業の求人を探すことに注力すれば、現地の台湾で就職するよりもはるかに可能性があるといえます。

求人探しの第一歩

求人探しのためには人材紹介サービスを使うのが当たり前になってきています。リクルートや、マイナビ、DODA、パソナ、アデコなど様々なサービスがありますが、ここでは海外で働きたい方専門の人材紹介サービスをいくつかピックアップしていきます。参考にしてみてください。

1位.リクルートが提供する海外就職サイト

リクルートエージェントと呼ばれるサービスはリクルート社がグローバルな人材向けに提供しているもので、台湾の求人もお任せです。数すくない駐在員の可能性がある求人情報を入手するためにはやはり豊富な求人から探していきましょう。リクルートエージェントは国内で扱う求人数No1なのでまずはこちらに登録することからスタートですね。

 

2位.外資の人材紹介サービスその1

JAC-Recruitmentは、イギリス系人材紹介会社でアジア各国での就職斡旋に力を入れている会社です。どうしても現地台湾で就職したい、という方はJACも利用してみましょう。

 

 

3位.外資の人材紹介サービスその2

アデコは日本国内でも有名になってきましたが、元々はスイス系の人材紹介会社で日本だけでなくアジア各国や欧米でも人材と企業の仲介を行って来ました。

 

 

このような人材紹介サービスがあります。全部無料で登録できて、転職相談に乗ってもらう事ができます。また、海外就職の専門コンサルタントが在籍しているので、不安や心配事もスムーズに進めていけると思います。

台湾の産業と生活

アジアの中でも中国や韓国は反日国でニュースなどに取り上げられたりしますが、台湾は親日国です。これはいろいろな説がありますが、中国に支配されていたころよりも日本の政治は台湾にとって有益で中国よりもましだったからだと思います。実際日本は台湾の衛生向上やダム建設、電力供給などに尽力しています。

台湾の産業はエレクトロニクス関連が有名です。特に身近な物はパソコンで、日本にも台湾のパソコンメーカー(ACER/ASUSなど)の商品が売られています。この他には、自転車の大手メーカーが台湾にあります。自転車産業はこれから台湾が重要な場所になってくると思います。イタリアのメーカーなども自分の国で作らないで、台湾の工場で作っていたりする場合が多いです。また、カーボン製品も多く作られています。一流メーカーの製品の半分以下の価格で同じ程度のフレームやホイールなどを購入することができます。最近では台湾で作られている商品も多くなってきたので台湾は産業的にも大切な場所です。

台湾の物価は日本より安いので台湾に就職した場合や、仕事や旅行などで台湾に行ったときにはいろいろなおいしいものを食べることができます。高級なレストランなどに行くとそれなりの値段になってしまいますが、露天や大衆食堂などのお店は日本に比べると圧倒的に値段が安いです。特に麺類が安いのでオススメです。

失業と退職